Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年5月

「草笛の作り方」

新緑の季節 みんなに緑にふれていただきたいと思いまして、

最近コレをふいている姿を見かけないですねー

草笛の作り方、お知らせいたします。 

うまくふけますように。プーープリッ

1、シラカシの葉っぱを一枚取ります▼   ⇒        2、葉っぱの両端をハサミで切ります。▼

。     

3、割り箸に葉っぱを巻つけきます。▼     ⇒      4、割り箸を引き抜きます。▼  

     

5、セロハンテープを巻くように貼り付けます。▼  ⇒    6、口で咥える部分を指でつぶします。▼

    

                              8、口の中に入れたり出したり、吹く強さを変えながら、
                          ⇒     音の出る場所を探します。

 7、これで完成。▼                    上手く音が出ると「ブーブー」と鳴ります。▼

    

他にも色々な葉っぱや鳴らし方があります。研究してみてください。

                              

   

広告

Read Full Post »

GWは放浪の旅

こんにちは。GW休みボケ真っ最中のYです…。
かなりのご無沙汰でした!てか、さぼってました・・・。ごめんなさい^^;
GWも終わってしまいましたね。みなさんはゆっくり休めましたか?
当社は29日から5日まで完全休業でしたので、私は青森県内を放浪の旅?に出ていました。
総走行距離は600キロ超!宇都宮を越えるあたりまで走った事になります。

いろいろ行った中で津軽半島の端っこにある竜飛岬に行ったのですが、風が強くて大変でした。
強いのは知ってたのですが、もう立っているのが精一杯です!
まさに竜が飛ぶほど強い風が吹き荒れるとはこの事かぁぁぁ!と実感しました。
でも天気はさほど悪くなかったので竜飛灯台から見える津軽海峡はとても綺麗でしたよ。
あと、せっかく竜飛まできたのだから、階段国道339号も往復してみたんですが、
これが結構しんどい・・・。歳をとったせいか、2日後にひどい筋肉痛に。。
でも藤崎町の339号からスタートして竜飛の終点まで行けたっていう達成感はありましたよー。

この竜飛岬のすぐ近くには青函トンネル記念館というのがあって、
実際に地下140mの青函トンネルまで降りていけるようになってるんですが、
掘削当時の様子や、掘削に使用された機械などが展示されていて、
とても勉強になりましたし、当時の苦労が伝わってきましたよ。
http://seikan-tunnel-museum.com/ ← みなさんも機会が合ったら行ってみてくださいね!

それはいいとして、なぜか地下140m地点の写真をあまり撮っていなかったのかが謎だ…
いつも重要な事を忘れてしまう Y でした…
ま、とにもかくにも今年のGWは色んな思い出が沢山出来た充実した日々を過ごせました^^
ではまた!

Read Full Post »